Donateご支援のお願い

他の多くのメディアと異なり、私たちは、探査ジャーナリズム(investigative journalism)を可能な限り開放し、一人でも多くの人々、日本と世界の人々に、私たちの記事を読んでもらうため、料金の壁(購読料)を設けません。探査ジャーナリズムには、多くの時間と費用と労力を要します。独立したジャーナリスト集団であるワセダロニクルには広告収入もなく、取材費も給料もありません。あるのは、私たちと同じように、今の日本にこそ探査ジャーナリズムが重要なジャーナリズムだと考えるみなさま一人一人のご支援です。

クラウドファンディング

ワセダクロニクルではテーマごとにクラウドファンディング(MotionGallery)を実施中です。
興味のある分野ごとに応援できます。集まった資金は取材費や人件費、サイト開発費等に充てます。

ワセクロが目指す目標を一緒に達成しましょう!

シリーズ「監視社会ニッポン」

100人に1人のDNAが警察庁のDNAデータベースに登録されてしまっている時代。しかも、DNA採取に関する法律は存在しません。シリーズ「監視社会ニッポン」を通じて、究極の個人情報であるDNAの採取・管理・運営等の法制化を目指します。(12月20日まで)

『国民100人に1人が「被疑者」DNAデータベースに登録、ワセダクロニクルで「監視社会ニッポン」をシリーズ化したい』

マネーデータべース「製薬会社と医師」

皆さんが処方される薬は医師が決めます。その医師は、どこの製薬会社からお金をもらっているのでしょうか。製薬会社と医師のお金の流れを透明化を目指します。本来は国が率先して作るべきものですが、2016年度版に続き、医療ガバナンス研究所と共同でデータベースの2017年度版を作ります。(9月30日まで)

『日本で唯一!患者さんのためのマネーデータベース「製薬会社と医師」2017年度版も作りたい!』

 

寄付金の受付について

寄付金は個人・団体を問わず常時受け付けております。ご寄付をいただける場合は、事前にメールにてお知らせいただいた上で、指定の口座にお願い致します。ご寄付の方法は、①クレジットカード、②口座引き落とし、③銀行振込の3種類があります。また、領収書が必要な場合もご連絡ください。皆様からお知らせいただいた個人情報はワセダクロニクルの寄付に関わる業務のみに利用いたします。

メールでのお問い合わせ

contact@wijp.org

①クレジットカードでの寄付

株式会社ROBOTPAYMENT社の電子決済サービスを使用しています。カードはVISA,MASTERがご利用いただけます。

毎月・定額での寄付

月額 1,000円× 口 
※毎月末日の自動引き落としとなります。ご登録した日が第1回目の引き落としになります。例えば5月30日にご登録の場合、5月30日が第1回目、5月31日が第2回目の引き落としになります。
特定商取引法に基づく表記
※毎月のご支援金額を変更される場合は、お手数ですが現在の定額支援の決済を終了してから、新しい定額支援の決済手続きを改めて最初から行ってください。

②口座引き落としでの寄付

詳細ご案内差し上げますので、contact@wijp.orgまでご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

contact@wijp.org

③銀行振込での寄付

下記振込先にご入金ください。

振込先

名義:特定非営利活動法人ワセダクロニクル
振込先金融機関:三井住友銀行
店名:浜松町支店
店番:679
預金種目:普通預金
口座番号:7775859

寄付に関するQ&Aはこちらをご覧ください

寄付に関するQ&A