(戒厳令の島から)空から降ってきたその下にーーバナナと日本人(7)

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • ワセクロはみなさんからのご支援で運営されるニューズルームです。広告収入を運営の財源にはしていません。財政的にも、独立・非営利を堅持します。ご支援はこちらから簡単にできます。みなさんから支えられるニューズルームでありたいーー。ご支援、よろしくお願いいたします。

コケコッコーで目覚めると

朝5時過ぎ、泊まっている民家のニワトリの「コケコッコー」で目覚める。

そして、しばらくすると、小型機のプロペラ音が響き始める。スミフルのバナナ農園に農薬を撒く飛行機だ。

2019年8月7日と12日の朝は、私たちの頭上を行き来した。何度も往復した。朝5時半頃から数時間続いた。

バナナ農園のすぐそばには、人が暮らしている。

7日の朝、近くのフローデレス・サルバドール(50)のバナナ農園(約3ヘクタール)を訪ねた。

彼女の自宅はこのバナナ農園のど真ん中にある。5人で暮らしている。自宅の樹木の葉には、飛んできた農薬が白い斑点となって残っていた。

サルバドールは「もう慣れました。他に選択肢はないですから」。

【動画】空中散布で飛ぶ小型セスナ機。民家の上空を行き来し、バナナ農園に農薬を噴霧した (C) Waseda Chronicle

ブラック・ファイターがやってくる

ここで収穫されるバナナはスミフルが買い取っている。土地はサルバドールのもの。彼女は契約農家として独占的にスミフルに販売している。ここでとれたバナナが出荷工場に運ばれる。

日本のスーパーで見かけるバナナは4、5本程度がパックされて売られているが、それがそのまま「木」に成っているわけではない。「木」と書いたが、見た目は「木」ようだが、実は「木」ではない。太くて大きな茎だ。10~15本の房がいくつも連なり、茎にぶら下がっている。1メートル弱の大きなひとかたまりがビニル袋で包まれ、出荷工場に運ばれる。

茎に成るバナナ(写真左)。先端にはバナナの花が包まれている。現地では「バナナ・ハート」と呼ばれている。食用にもなり、市場でも売られている。バナナが大きくなってくると防虫や日焼け防止でビニル袋や新聞紙が巻かれる(写真右)=2019年8月14日、フィリピン・コンポステラ・バレー州モンテビスタ町

出荷工場で仕分けされる。全部のバナナが製品になるわけではない。傷がつくなど商品にならないものははねられ、国内用や飼料にまわされる。

スミフルからは、1箱13.5キロにつき約215ペソが契約農家に支払われる。支払いは15日ごと。直近の15日間の手取りは6,000ペソだった。

しかし、それが丸々収入になるわけではない。サルバドールの農園では4人の労働者を雇っているので、15日間で1万2,000ペソの賃金を支払う。実質的な労働日数は12日間だったので、1人あたり2,400ペソ。1日あたり200ペソにしかならない。農業労働の場合、現在の法定最低賃金は1日391ペソ(*1)なので、最低賃金も払えていない。

「1箱あたりの値段を上げるようスミフルに言っているんですが。実現していません」

スミフルの買取価格は1箱250ペソ前後というが、市場で売ると300~500ペソになるそうだ。高いときには600ペソになることもある。普通の市場に出した方が収入はいい。しかし契約農家はスミフル以外には売れない。そういう契約になっている。

監視係がバイクで農園を見回るそうだ。ブラック・ファイターと呼ばれている。

ほかでバナナを売っているのが見つかると、「スミフルのバナナを盗むな」と言われる。サルバドールは、警察に逮捕されたほかのバナナ農園主を知っていた。

スミフルの契約農家フローデレス・サルバドール=2019年8月7日、フィリピン・コンポステラ・バレー州・コンポステラ町 (C)Waseda Chronicle

日焼け防止に朝日や読売、神戸新聞も

青いビニル袋で包まれた中には、古紙が巻かれている。よく見ると、日本の新聞ばかりだった。

サルバドールの敷地の一角のベンチにも、どっさと新聞が。同じ日付の朝日新聞大阪本社発行の新聞。そして神戸新聞も。古紙といっても、一度も開かれていない。

「なんで、日本の新聞が?」。そう尋ねると、サルバドールは「1キロあたり50ペソでスミフルから買うことになっているの。市場だと1キロあたり25ペソなんだけど」。

農園には使い終わった読売新聞も落ちていたが、どういうわけか、バナナを包んでいた古紙はほとんど朝日新聞だった。理由はわからない。

バナナの日焼け防止のためにスミフルから購入する日本の新聞=2019年8月7日、フィリピン・コンポステラ・バレー州コンポステラ町 (C)Waseda Chronicle

別の契約農家が保管していたスミフル作成支払い明細書によると、2015年6月25日に古紙を1キロ20.13ペソで農家に売っているので、4年前よりも倍以上価格が上がったことになる。肥料や農薬などもスミフルから購入する。市価よりも高い値段だという。

生産農家は古紙や肥料、農薬など様々なものが経費として引かれ、残った手取りで自ら収穫の労働者を雇う。低賃金しか払えない。

低賃金の循環が横たわっている。

この日朝、収穫されたバナナは日本の新聞に包まれ、スミフルの出荷工場へと運ばれていった。

地元住民が作成したスミフルの出荷工場の内部の様子 (作成日:2019年8月13日)

ビニル袋に包まれて農園から運びだされるバナナ=2019年8月7日、フィリピン・コンポステラ・バレー州・コンポステラ町 (C)Waseda Chronicle

(敬称略、年齢は取材当時)

取材パートナー:特定非営利活動法人APLA(Alternative People’s Linkage in Asia)、国際環境NGOFoE Japan、特定非営利活動法人PARC(アジア太平洋資料センター)

〈脚注〉

*1 National Wages and Productivity Commission (NWPC), 2019, “Daily Minimum Wage Rates (REGION XI, Davao Region),” NWPC web page (2019年8月27日取得, http://www.nwpc.dole.gov.ph/sort-statistics/?sort=wages&&cat=Wages).

  • ワセクロはみなさんからのご支援で運営されるニューズルームです。広告収入を運営の財源にはしていません。財政的にも、独立・非営利を堅持します。ご支援はこちらから簡単にできます。みなさんから支えられるニューズルームでありたいーー。ご支援、よろしくお願いいたします。

シリーズ「バナナと日本人」一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク