About usワセダクロニクルとは

特定非営利活動法人ワセダクロニクルは独立・非営利のジャーナリズムNGOです。65ヶ国から155の独立・非営利のニュース組織が加盟する世界探査ジャーナリズムネットワーク(GIJN: Global Investigative Journalism Network)オフィシャルメンバーです。2017年6月に日本で初めて加盟しました。

ワセダクロニクルは、早稲田大学ジャーナリズム研究所のプロジェクトとして、2017年2月1日に発足し、創刊特集「買われた記事」をリリースしました。発足1年を機に独立し、ジャーナリズムを掲げるジャーナリズムNGOとして新しい一歩を踏み出しました。引き続き、市民が支えるニュース組織を目指し、既成メディアではできないジャーナリズム活動を展開していきます。

独立を堅持するため、市民のみなさんからのご支援をお願いしています。

ワセダクロニクでは以下のジャーナリズム活動を推進していていきます。

  • ・探査ジャーナリズムによる成果物のリリース及び書籍等の発行
  • ・持続可能なジャーナリズム活動を確立するための経済モデルの研究と開発
  • ・探査ジャーナリズム推進のための国際連携
  • ・探査ジャーナリズムの手法の確立とその成果の市民社会への還元
  • ・ジャーナリズム活動を促進するための講演会やイベントの開催
  • ・ジャーナリスト志望の学生のインターンの受け入れ

国際アドバイザリーボード

  • ・スティーブン・バトラー/ジャーナリスト、米ジャーナリスト保護委員会アジア地域プログラムコーディネーター
  • ・出口綾子/編集者、NGO「北鎌倉史跡研究会」事務局長
  • ・花田達朗/社会学者、早稲田大学名誉教授
  • ・ゲルト・G・コッパー/社会学者、ドルトムントTU大学名誉教授、欧州ジャーナリズム・センター(EJC)初代理事長
  • ・工藤律子/ジャーナリスト、NGO「ストリートチルドレン」理事
  • ・大石泰彦/憲法学者、青山学院大学法学部長

お問い合わせ

ワセダクロニクルへのお問い合わせ等はメールでお願いします。専用メールアドレス(contact@wijp.org)までお願いします。

著作権および内容についての責任

当サイトに掲載されている著作物に対する著作権はワセダクロニクル編集長に帰属します。 編集長は、当サイトの編集面に記載された事実関係や表明された意見に関して責任をもちます。

主な活動記録(2018.02.01現在)

2018年

2月13日 ジャーナリズムNGOワセダクロニクルとしてスタート。第2特集「強制不妊」がスタート
2月1日 特定非営利活動(NPO)法人として認可。ジャーナリズムNGOとしての活動がスタート
1月21日 連続シンポジウム第2回「メディアを覆うタブーを打ち破れ」を開催。岩波書店『世界』編集部との共催

2017年

12月27日 創刊特集「買われた記事」の第11回「東京都、調査に踏み出す」をリリース
11月15-
19日
南アで開催の国際会議 GIJC2017にスピーカーとして参加。同大会の公式サポート団体になる
10月28日 ワークショップ「変動するNGOの世界的潮流から何を読み取るのか 対話:探査ジャーナリズムとNGOの接続点を探る」を開催。マーク・リー・ハンター氏らが講師
10月27日 探査ジャーナリズムとNGOとの協働』を出版
10月21日 創刊特集「買われた記事」の第10回「広告面指定」をリリース
10月15日 連続シンポジウム第1回「日本の報道は何を伝えていないかージャーナリズムが殺される国からの報告」を開催。岩波書店『世界』編集部との共催
9月26日 イベント「『会社(カイシャ)』を辞めて何が悪い?:もう一つの”居場所”を見つける旅」を開催
9月11日 日本外国特派員協会(FCCJ)Freedom of Press Award, Supporter of the Free Press を受賞
9月1-2日 モンゴルで開催の国際会議Investigative Journalism Dialogueにスピーカーとして参加
8月8日 韓国の有力ニュース組織ニュースタパ(Newstapa/KCIJ)取材協力の協定を調印
7月29日 シンポジウム 「ジャーナリズムとNGO・NPOとの連携を求めて:主流メディアを超えたチカラの台頭」を開催
7月19日 創刊特集「買われた記事」の第9回「報酬を得た『記事』に医薬品名、『時間差』で広告」をリリース
7月13日 市民とつくる調査報道ジャーナリズム 「広島東洋カープ」をめざすニュース組織』を出版
6月29日 世界探査ジャーナリズムネットワーク(GIJN) に加盟。日本のニュース組織で初
6月4日 国際シンポジウム「アジア地域における調査報道ジャーナリズム:その可能性と展望」を開催。米ジャーナリスト保護委員会(CPJ) との共催、世界探査ジャーナリズムネットワーク(GIJN) が協力
5月31日 創刊特集「買われた記事」の第8回「『共同通信、『対価伴う一般記事を廃止』』でビジネス」をリリース
5月24日 創刊特集「買われた記事」の第7回「医学論文にも利用されていた」をリリース
5月3日 「調査報道ジャーナリズム 世界の最前線から Power is everywhere:そこにある権力」を開催。マーク・リー・ハンター氏が講師
4月21日-
5月1日
米国のカルフォルニア大学バークレー校アメリカン大学などの探査ジャーナリズムを視察
4月20日 創刊特集「買われた記事」の第6回「電通の『見直し』と消えた組織」をリリース
4月27日 始動! 調査報道ジャーナリズム 「会社」メディアよ、さようなら』を出版
3月27日 創刊特集「買われた記事」の第5回「20年前には始まっていた」をリリース
3月2日 創刊特集「買われた記事」の第4回「共同通信からの『おわび』」をリリース
2月21日 創刊特集「買われた記事」の第3回「命にかかわる記事は載りやすい」をリリース
2月9日 創刊特集「買われた記事」の第2回「『国の看板』でビジネス」をリリース
2月1日 ワセダクロニクルが発足。創刊特集「買われた記事」をリリース。第1回は「電通グループからの『成功報酬』」。現在も継続中。同時にクラウドファンディングも開始し、4ヵ月で552万400円の支援が集まる

2016年

3月11日 早稲田探査ジャーナリズムプロジェクト(WIJP: Waseda Investigative Journalism Project)がスタート。Fukushima Timeline Projectをリリース

探査ジャーナリズム 特集記事一覧